スポンサーサイト

  • 2014.10.15 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    キャバ嬢を好きになってしまったあ。

    • 2009.04.03 Friday
    • 12:18
    昨日はカラ徹しました。カラオケ徹夜です。
    のどが痛いのに、なぜか心地よかったです。

    いつものメンバーに元キャバ嬢がいました。
    すっごい普通の子でした。僕はいろいろ聞きたいことがありましたが、歌いまくっていました。

    ほんと普通の子でした。今時いっぱいいるんですね。元キャバ嬢なんて。



    僕の好きな人はキャバ嬢です。

    どこにでもありそうな感じで普通に好きになりました。

    最初は会うだけで楽しかったです。彼女の笑顔をみてるだけで満足でした。
    楽しそうに話す姿、とりとめもなく続く会話。
    突然、話がいろんな方向に飛んだり、僕の質問にはちんぷんかんぷんに答える彼女がとても好きでした。

    付き合うことができなくてもいい。ただ、もっと彼女に近い存在になりたい。
    そう思うようになりました。

    だけど、彼女には彼氏がいます。彼氏はいないと言っていますが、いくら恋愛経験が少ない僕でもわかりました。

    それに、キャバ嬢ですから、ライバルはたくさんいます。

    高額なプレゼントをしても、僕には勝てません。最初のうちはなんとか頑張ることができるんですが、彼女の話を聴いていると、すごい話ばかりです。

    こんな僕はどうしたらいいんでしょうか?


    実は、キャバ嬢は意外に、お金には執着していないということです。
    お金の為だけに働いているのがキャバ嬢だと思っていた僕には本当にびっくりでした。

    ほとんどのキャバ嬢は高額のプレゼントをすると喜びます。
    だからお客さんはどんどん買ってあげたくなります。

    でも、キャバ嬢の彼氏は、
    実は、お金を持っていない男がほとんどだというのです。

    キャバ嬢が求めているものは、実はこれだったんですね。

    ありがとうございます。



    まだ彼氏にはなれないですが、僕を特別な存在としてみてくれるようになりました。
    好きなときに、二人きりで出かけることもできるようになりました。
    デート代もわりかんです。

    ほんとうにありがとうございました。

    僕はおすすめします。
    最初にこんなの怪しい商品じゃないかと思いましたが、本一冊買うぐらいの値段なので、騙されたと思って買いました。

    それに怪しいということは、これらのテクニックを使う人は少ないということです。

    たとえば本屋で「キャバ嬢を落とすテクニック」なんて売っていたら、みんな真似します。そして、その本のテクニックを使ったら、完全に女の子にとってはウザイです。

    キャバ嬢は口説かれるプロです。
    男が使う安易なテクニックはすべて経験済みです。


    キャバクラに何度も行くのに比べれば本当に安いです。

    キャバ嬢の本音を知りたい人、そもそも女の子の本音を知りたい人にはとても参考になると思います。



    これだけじゃ、怪しいというあなたに少しポイントを紹介します。

    ・キャバ嬢は意外にお金にを持っている男に惚れない
    ・キャバ嬢は男の話を聴くのがプロ意識だと思っている。そこを利用する。
    ・キャバ嬢の自慢話を一つ聞けば、またひとつ近くなる。
    ・毎日通ってはいけない。好きと言ってはいけない。かわいいと言ってはいけない。
    ・女の子を褒めるときは、第三者を使う。
    たとえば「○○さんに会う日はとてもうれいい」ではなく、「○○さんに会う日になると、必ず、同僚になんかうれしいことであったのか? と言われる」とか。
    ・キャバ嬢の話を聴くときは、なるべく小中学生の時の話題にする。

    などなど。

     そして大切なことは、最初のうちは、彼女に会った後が大切なのです。

     二人でいる時間が楽しいのはわかります。

     しかし、その後何ができるかが一番重要なのです。

     たとえば、面白いビデオを紹介されたら、必ず見ます。とにかく早くです。
     そして感想を言います。このときも「おもしろかったよ」ではなく、このビデオを友達にも薦めて、友達の感想を言うのです。

     友達の恋の悩みをキャバ嬢に相談して、その答えを友達にアドバイスしてあげるとか。

     ・・・・・・近くて遠い存在。

     あなたの横にいっつもいる存在になる為に。僕も応援します。そして僕も頑張ります。
     今年もあと少し。よいお年を。このブログも頑張っていきます。よろしくお願い致します。

    スポンサーサイト

    • 2014.10.15 Wednesday
    • 12:18
    • 0
      • -
      • -
      • -
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent trackback

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM